司法書士事務所 一休法務事務所へはフリーダイヤル0120-193-552

任意整理

任意整理

任意整理は、債務者が弁護士や司法書士に依頼して、債権者との交渉を進めていく方法です。比較的小額な債務を整理する際に用いられます。

任意整理を選択するには、安定した収入がなければいけません。任意整理によって、返済額の減額は考えられますが、決して債務がなくなるわけではないからです。法定金利への見直しなどによる借金の減額後、原則として3年~5年以内に可処分所得(年収から、必要最低限の生活費を除いた金額)にて返済できるということが前提なのです。

とはいえ、任意整理が実行された時点で過酷な取立ては停止されますし、借金を減らせるという大きなメリットがあるのです。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理にも、メリットとデメリット共に存在します。それぞれをご紹介いたします。

任意整理のメリット

  1. 受任通知を発送してもらうことにより、各債権者からの請求が止まる
  2. 自己破産や個人再生と異なり、必要書類はほとんどない
  3. 利息制限法での引き直しにより、債務額が減少し、過払い金を請求できる場合もある
  4. 将来利息はカットしてもらえる
  5. 任意整理する債務を選べるので、保証人のついたものを外すことも可能
  6. 官報には載らない

任意整理のデメリット

  1. 5年~10年、信用情報機関(いわゆるブラックリスト)への登録がされる
    その間ローンを組んだり、お金を借りることはできない また、クレジットカードも作れない
  2. 債務額が大きいと使えない
  3. 利息の再計算で債務額を減らせない場合はメリットが小さくなる

任意整理のその他の特徴

任意整理の手続きは他の借金解決の方法とは違い裁判所を通しませんので、同居している家族、友人、同僚などにも知られることはありませんし、任意整理の依頼後は司法書士または弁護士の方だけで交渉をしますので、仕事が忙しい方や裁判所に行く時間がない方でも簡単に手続きをすることができます。

任意整理は法的な借金解決の手続きの中では1番デメリットが少ない方法なのですが、他の手続き同様、しばらくの間はローンやクレジットを利用することはできなくなります。

任意整理の実際の手続きについてですが、一般の人が任意整理の話し合いをしようとしても、現実的に話し合いに応じるような債権者はいませんので、任意整理の手続きは、まず司法書士または弁護士に依頼をするところから始まります。
なお、任意整理を司法書士または弁護士に依頼した時点から各金融会社は依頼人に直接請求することができなくなりますので、電話や手紙などでの督促がなくなります。

任意整理費用

債務整理について(着手金なし)
相談 無料
任意整理(分割払可) 基本報酬として、1社につき、20,000円(別途消費税)
お客様の受け取る過払い金の金額を増やすために、今月から私どもの取戻し報酬を過払返還額の20%から15%に下げることにいたしました。
過払返還額の15%(訴訟により返還にいたった場合は20%)
※減額報酬は頂きません。

他の手続き方法をご覧になりたい方は下記よりアクセスしてください。

  1. 任意整理
  2. 自己破産
  3. 個人再生
  4. 特定調停
債務整理一覧に戻る
  • 無料相談はこちら
  • 一休法務事務所事務所の案内はコチラ
  • 一休法務事務所へのアクセス

岡山で相続・遺言に関する相談なら

岡山相続遺言相談プラザ0120-193-552まで

電話番号をクリックしていただきますと、スマートフォンでそのまま電話がかけられます。