司法書士事務所 一休法務事務所へはフリーダイヤル0120-193-552

自己破産

トップページ>債務整理>自己破産について

自己破産について

自己破産とは、多額の債務により返済不能となった人が申立により「自己破産開始決定(破産宣告)」を受けて、新たに状況を立て直すための制度です。自己破産の大きな目的としては、すべての債務を停止する、免責決定にあります。

自己破産というと、すべての債務が免除されるというイメージを持っている人もいるかと思います。しかし、債務の免除(免責)と自己破産は別で、債務の免除を求める場合は、自己破産とは別に免責の申し立てを行わなければいけません。免責の申し立ては自己破産の申し立ての後、一定期間内に行う、もしくは自己破産と同時に申し込んでしまうという方法(こちらの方が申し立て忘れのミスがなく、一般的です)があります。

自己破産の条件としては「支払能力がない」状態でなければいけないということが挙げられます。換金し、返済に充てられる大きな財産や、なんらかの労働力や技術力によってお金を得ることができる場合は、自己破産を受けることができません。

また、免責決定の際には、財産を隠していた、賭博で大幅に浪費した、その他不正があったなど 免責不許可事由というものに該当しないかどうかが大事になってきます。

自己破産のメリット

  1. 受任通知を発送してもらうことにより、各債権者からの請求が止まる
  2. 債務が0になる(税金など一部対象外あり)
  3. 再出発にあたっては制限もあるが、日常生活に支障はきたさない
  4. 破産しても、戸籍や住民票には記載されない
  5. 選挙権がなくなることもない
  6. 日常生活に必要な家財道具等は差し押さえられない

自己破産のデメリット

  1. 5年~10年、信用情報機関(いわゆるブラックリスト)への登録がされる
    その間ローンを組んだり、お金を借りることはできない また、クレジットカードも作れない
  2. 破産者名簿への記載や官報への掲載がされる もっとも、これは一般の人にはほとんど知られていない
    (官報は2回掲載、破産者名簿は免責決定を受ければ名簿から抹消される)
  3. 破産者は免責決定されるまで資格制限される
  4. マイホームは手放さなくてはならない 車はその価値による
  5. 手続きは、任意整理に比べると大変である

自己破産費用

債務整理について(着手金なし)
相談 無料
自己破産(同時廃止事件) 200,000円(別途消費税・分割可)
※別途実費20,000円がかかります。

他の手続き方法をご覧になりたい方は下記よりアクセスしてください。

  1. 任意整理
  2. 自己破産
  3. 個人再生
  4. 特定調停
債務整理一覧に戻る
  • 無料相談はこちら
  • 一休法務事務所事務所の案内はコチラ
  • 一休法務事務所へのアクセス

岡山で相続・遺言に関する相談なら

岡山相続遺言相談プラザ0120-193-552まで

電話番号をクリックしていただきますと、スマートフォンでそのまま電話がかけられます。